【2021年8月22日(日)】オンラインイベント
「子どもの日本語教育にかかわるには?」開催決定!

<セミナー内容>
日本語教育にご興味をお持ちの方・また既に携わっている方は
近年、日本社会が外国籍の方のお子様の日本語教育に関心を示すようになってきたと感じることもあるかもしれません。
子どもの日本語教育については、制度や法律等の構造的な問題、日本語教育と教科学習との融合、
教育にあたる人材の育成、周囲の人々の理解等、さまざまな問題を含んでいます。

今回のイベントでは、日本語教育学の研究者・村澤慶昭氏をはじめ児童の日本語教育に関わる方々をゲストとしてお招きし、
実際の事例に基づくお話を通じて、子どもの日本語教育の現状や課題からこれからの支援を考えていく機会を
ご提供できればと考えております。
*Zoomを使ってオンラインで参加いただけますので、全国どこからでもご参加いただけます。

<ゲスト>
村澤慶昭氏(武蔵野大学教授)
髙栁なな枝氏(地球っこクラブ2000代表) 
武一美氏(NPO法人多文化共生教育ネットワークかながわ副理事長・早稲田大学非常勤講師)
近藤菜穂子氏(大和市教育委員会、日本語教育アドバイザー)

<こんな方にオススメ>
◆ 日本語教師を目指している方
◆ 子どもの日本語教育にご興味をお持ちの方、または既に携わっている方
◆ 国際交流に興味がある方

日時
2021年8月22日(日)15:20~18:00
タイムスケジュール
15:20~15:30 はじめに
15:30~16:30 事例報告
 髙栁氏「地域の実践ー親子日本語教室の取り組みから」
 武氏「外国につながる高校生と地域のネットワークー求められる支援と日本語教育をめぐって」
 近藤氏「来日直後・日本語ゼロの子どもたちの支援~やまとプレクラスの取り組み~」
16:30~17:30 基調講演/村澤氏「子どもの日本語支援と根治療法」
17:30~18:00 パネルディスカッション
*タイムスケジュール、テーマは変更となる可能性がございます。/dd>

会費
無料(日本語研究会 会員の場合)
開催形式
Zoom使用のオンラインイベント
定員
500名
参加方法
参加を希望する会員は、2021年6月25日配信のメールマガジンに記載の案内に沿ってお手続きください。